畳む方法を理解しよう

練習すればうまくなる

まだ洗濯物を畳むことに慣れていなくて、すばやく畳めない人がいるでしょう。
しかし練習すれば畳めるようになりますし、コツもあります。
まずは、畳み方を覚えることから始めてください。
それぞれの洗濯物の畳み方を覚えることで、調べなくても済みます。
洗濯物を畳むたびに方法を調べていると、余計な時間が発生します。

同じトップスでも、Tシャツとトレーナーでは畳み方が異なります。
自分が持っている衣類の畳み方を、理解してください。
シワがつかないように、ハンガーにかけたまま収納するのも良い方法です。
スカートなどは特にシワがつきやすいので、畳んで収納するのは難しいです。
クローゼットのスペースが空いているなら、ハンガーにかけましょう。

ボードを使って収納する

不器用な人は、綺麗に洗濯物を畳めなくて困っているでしょう。
そのような人のために、ボードが販売されています。
ボードに衣類を載せて、ボードに書かれている順番に折ることで簡単に綺麗に畳めます。
洗濯物の畳み方を覚えていない人でも、安心できますね。
綺麗に畳むことで、狭い収納スペースでも並べられます。
見栄えが良くなりますし、どこに何があるのかすぐにわかるでしょう。

すると着たい服が見つからなくて、探すのに時間が掛かってしまうという事態を回避できます。
時間を少しでも有効に使えるように、タンスやクローゼットの中をいつも綺麗に整頓しておきましょう。
トップスやボトムスなど、どのような衣類にも対応できるボードだと便利です。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る